profile

 

初めまして!一色翼です^ ^

基本プロフィール

地方でキャバ嬢をしています。猫2匹と暮らすアラサー。
キャバ嬢ですが陰キャです。ぼっちです。
キャバ嬢=パリピ なんて法定式は私には当てはまりません。

キャバ嬢になるまで

幼少期から人間関係を築くのが壊滅的に下手で、友達は少なく周りから少し浮いて育ちました。そのせいかいじめも受けてきましたし、人間関係にはいつも悩まされ、結果、人間が大嫌いなひねくれた大人になりました。

そんな私がなぜ男性と接することがお仕事のキャバクラで働くことになったのか。
元も子もない言い方をすればお金のためです。
それともう一つ、当時のことを考えると承認欲求を満たしたかったのだと思います。

お金を稼ぎながらチヤホヤされるバイトなんてそうないですからね。ぼっちでもやっぱりそれなりに人に認められたいのです。

専門学生だった私は、学費を稼ぐための手段として学生をしながら、キャバ嬢になりました。そしてあっという間に10年経ちました。時の流れは残酷です。

幼稚園教諭、歯科助手としての社会人経験もあり

キャバクラで働き始めてから3年、無事に専門学校を卒業したのでキャバクラを卒業。晴れて幼稚園の先生になりました。しかし、人間関係が上手くいかず体調を崩して入院、そして退職。その後、歯医者さんで保育士兼歯科助手として働くもこちらも人間関係が原因で退職しました。

陰キャでぼっちな私には周りと円滑にコミュニケーションをとることが必須な社会人には向いてなかったのだと知りました。

そして、学生時代にお世話になっていたキャバクラへと戻ることになるのです。

ぼっちだからこそ見つけた自分の強み

学生時代からずっと好きなことがあります。それは、誰とも会話しなくていい趣味。

美容

美容は祖母の影響もありますが、キャバ嬢として人に見られる以上それなりにいいものを使い努力しています。エステや美容クリニックにも通っている美容マニアです。

キャバ嬢歴も10年、チヤホヤされることもなくなり(そもそもチヤホヤされる職業ではなかった)、大好きな趣味を少しでも多くの人に知ってもらいたい、共感してもらいたいと思うようになりました。これもぼっちならではの一種の承認欲求なのではと思います。

自分の強みを記事にすることでそれを誰かがみてくれる。こんなに承認欲求が満たされることがあっていいのでしょうか。

‥という自分本位な理由でブログを立ち上げるにいたりました。

私の人生といっても過言ではない大好きなものたちを記事にしていきますので、温かく見守ってやってください。よろしくお願いします。